お金のコト

お金・・・。あればあるほど嬉しいモノ。昔のあたしはずっとそう思ってた。

あたしが以前勤めていた会社はとっても給料がよかった。世渡り上手なあたしはポンポンと出世して2年後には小さな店をまかされるよーになって、ただでさえよかった給料が一気に3倍近くになった。ケドねー、やっぱ世の中お金じゃなかったヨ。ボロボロになるほど働くもんだから、ストレスはたまるし、ストレス発散させよーと思って、バカみたいに買い物しても、なんちゅーの?こー心がすさんでくっちゅーの?そーゆー感じだったヨ。

それに気付いたのは、友達と遊んでたトキ。道端に桜が咲いてたの。「きれーな桜だねー。」ってその友達が言ったトキ、あたしはいきなりショックを受けた。いつも通ってる道なのに、あたしは桜が咲いてるコトにも気付かなかったから。考えてみたら、何かを見てきれいだなーとか思うよーな「心の豊かさ」ってのがなくなっちゃってたのね。こりゃヤバいと思った。このままじゃ人間じゃなくなっちゃうかもって。

仕事を辞めてからは、んもう天国。お金はないケド、時間だけはたっぷりある。いろんな本読んで、いろんな映画観て、公園でのんびりひなたぼっこして、街角で人間ウォッチングして、しまいにゃニューヨークに飛んでいった。で、あたしは痛感したヨ。「人間、金がなくても心が満たされてりゃ幸せなんだナー」って。

今日は空が高いナーとか、きれいな夕焼けだナーとか、そーゆーコトを感じられるのって、あたしにとってはサイコーにハッピイなコトなのデス。まー「お金もあって心も豊か」だったら、もっといいかもしんないケドね。

それにしても、働いてたトキ、たった3ヶ月でいつのまにかなくなった200万、アレ、何に使ったんダロ。未だに謎だ・・・。


マエヘ   モドル   ツギヘ